Latest entries
2017/02/18 (Sat) dedemouse
2016/11/19 (Sat) 第10回 東京蚤の市

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


||∀`)ノ <ワンピース遂にシロヒゲ登場だ!





さて、本日。
水質の影響のためか新しい水槽環境に慣れない水草が早くも枯れてきました。
滅びのGH呪文が利きまくっているようです。
…('A`ヴァヌー

一つはミリオフィラムガイアナドワーフ
ガイアナドワーフ@2
健康状態



もう一つはレッドシャープリーフハイグロ
P3090193.jpg
健康状態



どちらも高価な水草で一株が結構なお値段なので買い直すのはちょっくら厳しいです。
青龍石を使用しているので総硬度は高めになるのですが、今日までの最高値は4を記録したぐらいなので決して高い数値とは思えません。
でも現実に枯れてるの(T_T)ショボーン
効果がないといわれたソフナイザーの触媒を使用しているのですがGH4以上にならないのでまだどうにか使用できそうです。
週に一度の触媒交換で袋に残っている全てを使い切ることにしました。





ガイアナドワーフの性質は軟水を好むというのを知っていますが、ここまでの勢いで枯れてしまうとは予想外でした。
P7230563.jpg
もう溶けてしまい跡形もなくなりそう・・・





レッドシャープリーフハイグロにもジワジワと呪文が利いておりもうすぐ全滅しそう・・・
それでは時系列でお楽しみください。
植えた直後
P1010548-11.jpg
真っ赤で健康そのものです。





暫く経過後
P7240564.jpg
赤が抜けて株が減ってきました。





そして最近
もうすぐ枯れそうなヨカーン
P7260565.jpg
赤色が抜けてどんどん枯れてしまいました。

遅かれ早かれ全滅するのをただただ指をくわえて見てるだけです。
更にロタラマクランドラシリーズの頭頂部も成長が止まっています。
ラトナギリは特に影響を受けていないように見えるのですが今後が心配です。

今後が心配になってきたきのこ水槽でした。
キューバしか生き残らなかったらドウヂヨー(´;ω;`)ブワッ





暗い話題はこれぐらいにして・・・



新しい水槽になってもコケ発生装置は活躍中です。
P1010552-11.jpg

P1010553-11.jpg
一夜にして茶コケはなくなってしまいます。





さぁ、シルバルさん!
ブライトサンドの掃除方法のアプを待っているきのこがここにいますよ!
P1010515100.jpg
どうやって仕分けしているのか教えるでゴワスよw(`・ω・´)!





次回予告:【ぶら下がるは鉄の紐】 の巻き





スポンサーサイト

||∀`)ノ <ツユアケタノニマダマダアメデスナ モウスグウミイクゼー!





さて、本日。
キューバパールグラスです。名前が長いので以下キューバと省略しちゃいます。
毎度おなじみ奥沢の水景工房で詫び草タイプを一つ購入しました。
本当はポットタイプが欲しかったのですが置いてなかったし、もし売っていたとしてもトロピカ産の高い奴しかなさそうなのでこれで良しとなりました。
P1010515-1.jpg
水上葉は緑鮮やか~で新鮮な野菜にえます。
キューバって水中葉で売られていることが殆ど無くて水上葉で販売されているんですってね。
なんでも水中葉だと移動に耐えることが難しいとか。





ひっくり返すと裏はこのように紐でがんじがらめ・・・
P1010517-1.jpg
パッと見ピーマンにはさんだひき肉の料理にそっくりですw





株をばらして一本ずつ植え込むのかと思っていたら、『詫び草はそのままソイルに植え込んでしまうのも手です』と店員さんに教えてもらったので即実践です。
P1010518-1.jpg
オオ、これは簡単だ!
この方法なら株がバラけることも無いので抜けてしまったキューバを差し戻す手間が掛かりません。
水に慣れてから水中葉がじわじわーと横方向に展開するのを妄想すると(´А`*)ハアハアが止まりませんwww





昨日? 一昨日? 忘れたけどつい最近の水槽内を撮影しました。
正面からじゃないのがポイントです(゚∀゚)
P1010548-11.jpg
側面から覗くのが日課となっています。
この角度から眺めていると落ち着くわぁ~ ( ̄∀ ̄)ホワワーン






リセット後10日が経過しますが少しずつガラス面にスポット状の緑色コケが生えてきました。
これからはコケの駆除作業が必要ですがキューバが根付くまで彼らには暫く肩身の狭い生活をしてもらいます。
P1010555-11.jpg

P1010556-11.jpg
水中葉に変わったとたんに食べられてしまうのを避けるためです。
狭くてごめーんね(ノ∀`)





次回予告:【滅びゆくもの】 のまき






||∀`)ノ <午前0時ヲマワリマシタ。コンヤモじぇっとすとりーむガハジマリマシタヨ
・・・オオサワタカオって誰サwww





さて、本日。
水槽のフィルターを回し始めてCO2関連のガラス製品をセットした際のこと。
引っ越す前はニューパレングラスを正面向かって右にセットしていたのですが新居では正反対の左側になりました。
そこでガラス配管の向きを変更するために深夜12時半から作業をしていたのですが・・・


 チューブをパイプから外すためにぐいぐいと引っ張る (外れない)


 向きを変えてさらに引っ張る (やっぱり外れない)


 フンヌラバッ!  (力任せに激しく)


 パッキン! (U字部分が割れた)


 スパパパパンッ! (勢いあまってガラスが指をすり抜けた)


 ドブシャー!!! (指3本から激しい流血)


 俺様:『 ( ゚Д゚) ギャーッス!!!! 』 (深夜1時の攻防)


その後止血に20分を費やすも水槽セットはなんとか終了したのでした。
飛び散ったガラス片も全数見つけることができました。
で、一連の事故後に撮影しました。
P1010529.jpg
ガラス製品の取り扱いは厳重注意ですね☆





残った拡散ガラスだけを残して上側は処分しました。
カウンターに接続したチューブを直接拡散ガラスに接続して、今後はこのような形状で活躍してくれるでしょう。
P1010520-1.jpg
切れっぱをヤスリで削って使うことも可能ですが危ないし、怖くて怖くて><
このまま使い続けるとトラウマになりそうだし・・・
今後もメンテナンス等でチューブとガラスを引き外すことは多々あるので、例のパレングラス純正(じゃない)のシリコンチューブでも買っておこうかな? と思った夏の始まりでした。

今日の危険作業は何か
 ・漏水による感電
 ・重量物移動による挫傷
 ・ガラス器具やはさみ操作による裂傷や刺傷

手元指先確認ヨシ!
今日も一日御安全に!





次回予告:【キューバパールグラスを買ってみた】 の巻き






||∀`)ノ <摂氏30度ノヨルデスヨ





予告どおりの記事にならないのは週間少年ジャンプの次週予告と同じシステムです。
しかも週一更新どころではありませんよ(`・ω・´)
僅か3日目にして2回目の更新です。



今回はセットアップ時の記事を書くことに決めました。
約1年半ぶりの全リセットとなりましたので体中が筋肉痛です。





さて、本日。
新しい水槽は夏仕様対策として涼しげな南国風にしようかと思っています。
残りわずかとなったブライトサンドを在庫箱から引っ張り出して底面の半分以上は白砂で構成することにしました。
P1010523.jpg
こんな感じで各種栄養剤をアマゾニアソイルの下に用意しました。
何が含まれているかLog保存で書き記しておきます。
 ・パミス
 ・バクター100
 ・トルマリンBC
 ・ペナックW
 ・クリアスーパー
 ・パワーサンド





換水時に汚れと一緒に砂も吸い出し、その後白砂を追加するのでごく薄く敷き詰めただけにしました。
P1010520-111.jpg
手持ちブライトサンドの残りは2kg袋のこれだけになっちゃいました。
これはもう廃版で入手が難しいので、もし不要になった方がいましたら是非格安で譲ってくださいm(_ _)m





青龍石を使っているので総硬度の上昇が気になるので久しぶりにこちらさんにがんばってもらいましょう。
P1010526.jpg
ソフナイザーです。
ところが1年間使用していなかった触媒は乾燥してしまい、まったく使えないことが判明しました orz
今は効き目も無いのに触媒がぐるぐると回り続けています・・・
早いうちに水景工房に取り寄せてもらいましょう。
又フィルター内部のろ材もバイオキューブを撤去して全てバイオリオとサブストラップスモールになりました。





いきなりですが途中をはしょって出来上がり!!
おおーーー! 綺麗な水 + 白い砂 = 南国仕様が完成しましたよ!
自分で書くのもなんだけど出来立てホヤホヤは綺麗ですね (・∀・)イイ!
アップ撮影はアレなので微妙な距離を保ちます。
P1010528.jpg
セットアップ終了後にママが一言言いました。
『アラ、綺麗に配置できてるじゃない。今回の水草は上には伸びない奴なんでしょ??』

・・・バリバリ上に伸びる有形草を使い回しています(´А`)
だって、新しい水草買えるお小遣い無いジャン。

これはもしかしたらあれかな~
キューバパールグラスに初挑戦しろという女神様のお告げかもしれません。

ヨッシャ! 早速明日キューバ購入してみようかな。




最後の仕上げにオトシン対策でえさ(←茶コケ)をセットしておくかな。
P1010532.jpg
全員沈めてあげました。





次回予告:【ミッドナイト ブラッディ サンデー】の巻き






||∀`)ノ ヤア、オヒサシブリ!
何ヶ月ぶりの英語タイトルですよ!

引越しも無事終わりそろそろこっち(趣味)にも時間(お金も???)を回せるようになりました。
休止宣言時は8月まででしたが少しずつアイドリングを始めます。
実はまだスキー板は買っていないんですが(`・ω・´)





さて、前回コメントで質問を受けましたので簡単に回答を作成しました。
Q:引越し時の水槽移動のコツは? by 自作自演が得意なFILOさんより
A:引越し時は重い水槽を移動するためにどうしても排水処理をする必要があります。
ですので大型水槽を使用している人は潔くリセットをして、水槽を空っぽにしてしまった方が移動も楽でしょう。
その際生体と水草は小さめの水槽かバケツに入れておくと良いです。生体には当然エアレーションは必要なので準備もお忘れなく。
また魚をすくって移動する際には水槽内部を濁らせてしまった方が簡単に網ですくうことができます。人も水槽内部が見えないので当然彼らからもこちらは見えません。下手に見えるよりも見えないほうが吉です。

以上きのこでした。





水槽を置く場所は格上げして子供部屋からリビングに決まりました。
ここならエアコンもあるので真夏時の高温対策が・・・シメシメψ(`∀´)ψ。
でもリビングは食用油攻撃も受けてしまうので注意が必要です。
P1010515-11.jpg
仮置きしているだけなので直ぐにはセットアップすることができません。
水を入れる前に事前準備が山盛り残っているのです。
 ①:フィルターろ材の掃除をする
 ②:ろ材を全て生物ろ過にするためにバイオリオを2リットル購入する
 ③:石とか流木の配置を考える
 ④:ガラス器具を漂白洗浄する
 ⑤:その他日々気が付いたことをする

一番問題なのは③番なんだよね。
次に問題なのはセットした後どんだけ待てば生体を水槽に入れられるのか。。。
暑くなってきたのですぐに入れてあげたいのですが、NH3やNO2やらNO3の発生が気になります。





水草は使い回しをするのでバケツに放り込んで玄関に放置したままです。
P1010517.jpg
毎日覗きこんでいるのですが見た限り問題はなさそうです。
多分大丈夫でしょう。多分ね・・・
無事だと良いのですが。





一方お魚はというと同じく玄関に放置しています。もちろんエアフィルターは使用しています。
30cm水槽に少しだけ水を張って狭い生活をしてもらっています。
P1010516.jpg
一週間このような生活をしてもらっているのですが、いまのところ【まだ】お亡くなりになった方はいません。
たったの5リットルぐらいでしょうか? 狭くてゴメンなさいね、もうすぐ開放して上げられると思うのでしばしの辛抱を!





ブログ月一連載から週一連載にするように体調を整え始めたいと思います。
というわけで、これからリンク先でコメントしまくってきます(σ゜д゜)σ





【次回予告】:あのときのきのこ玉はどうなったのか? に続く







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 A liver goblin in the water tank, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。