Latest entries
2017/02/18 (Sat) dedemouse
2016/11/19 (Sat) 第10回 東京蚤の市

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



10月の初めから中旬まで呪いが掛けられたようなきのこ水槽の悲しい物語です。





最初の犠牲者 10月1日(水):
帰宅後にディープレッドホタルテトラとワイツマニイテトラが1匹ずつ死亡しているのが確認される。
この時点できのこは気にも留めていない。





第2の事件 10月3日(金):
帰宅後にノーマルオトシンクルスが死亡しているのが確認される。享年約2年。
フレームドットバジスの腹部が赤く腫れて底で身動きせず固まっているのを見てきのこはやっと「エロモナスだ!!」と気がついて慌てふためく。
急いで隔離水槽に10ℓの水を入れて塩(食塩)も少量入れフレームドットバジスを隔離した。





第3の事件 10月4日(土):
朝にワイツマニイテトラとディープレッドホタルテトラが1匹ずつ死亡しているのが確認される。
午前中に熱帯魚店で観パラD 10ml/1400円を購入して隔離水槽に入れる。
PA040619.jpg
2008年の1月にもエロモナス(だと思う)で大量の魚が死亡した経験を生かして病気に弱いディープレッドホタルテトラ6匹とワイツマニイテトラ3匹も隔離水槽に入れる。
先日購入したティーガーオトシンとトゥッカーノテトラも隔離したかったが薬にはメチャクチャ弱そうなのでここは我慢してエロモナス菌と戦ってもらいましょう!
その他オトシン軍団、ドワーフボーシャとテトラオーロは病気に態勢がありそうなので隔離はしないことに決める。
隔離しようにもディープレッドもワイツマニイも逃げるは逃げるで、最終的に全部の水草を抜いてこうなってしまったのですよ!
PA040627.jpg
これでリセットした理由がはっきりしましたね。(T_T)トホホ
フレームちゃんの復活を期待するが夕方に死亡が確認される。僅か3ヶ月で死なせてしまった。





第4の事件 10月6日(月)
帰宅途中に自宅から電話が掛かってきて「お魚が3匹死んでるよ」と言われた。「あぁトゥッカーノが死んだか・・・」と思い込んで帰宅したら死んだのは隔離中のディープレッドホタルテトラ2匹とワイツマニイ1匹であることが判明した。
ほっとしてよいのか悪いのか・・・
エロモナスの症状(腫れやうろこの立ち上がり)が見られないので本水槽に戻すことに決めた。





第5の事件 10月11日(土)
ブルックを発見
PA100612.jpg
「もう死なないと思っていたのに、びっくりして目玉が飛び出ちゃいました~。ってもう骨なので目玉ないんですがwwww ヨホホホホ」
という会話をしたかどうかは不明ですがディープレッドホタルテトラ2匹が水槽の糧となりました。





第6の事件 10月13日(月)
早朝に病気と無縁と思われていたベックフォルディーペンシルが死亡しているのが確認された。
これは・・・不覚!! これの敗因は多分・・・アレだな。酸欠??? やってしまtった・・・
もうライオン石巻貝をトリミングする勇士が見られないかと思うと(´;ω;`)ブワッ !





第7の事件 10月15日(水)
早朝にティーガーオトシンクルスが死亡しているのを発見。これは・・・たぶん餓死だと思う。というかそう思いたい。





第8の事件 10月16日(木)
遂にゼブラオトシンクルスまでもが死亡しているのが判明。享年約1年3ヶ月。死因は餓死 or 酸欠だと思われ。
この1年いろいろと楽しませてもらえたな~ 手ノリオトシンとか、ソフナイザーと共演とか。




致死率をまとめてみました。分母がもとの数量、分子が生き残った数量です。
 ・テトラオーロ 9匹/9匹 生存率100㌫
 ・トゥッカーノテトラ 4匹/4匹 生存率100㌫
 ・ドワーフボーシャ 3匹/3匹 生存率100㌫
 ・ディープレッドホタルテトラ 2匹/8匹 生存率25㌫
 ・オトシンクルス軍団 2匹/5匹 生存率40㌫
 ・ワイツマニイテトラ 2匹/5匹 生存率40㌫
 ・フレームドットバジス 0匹/1匹 生存率0㌫
 ・ベックフォルディペンシルフィッシュ 0匹/1匹 生存率0㌫

 ・総合 22匹/36匹 生存率61.1㌫ 死亡率38.9㌫
発病から2週間で14匹のお魚が天に召されてしまいました。
HIKAKU
死因はエロモナス、酸欠、餓死等と考えられます。正直はっきりしない死因があるのですが・・・
ナニコレ、バランス悪い…('A`




今回の大量死を招いた原因はなんとなく分かっています。
①9月にワイツマニイを購入してからというもの餓死が出ないようにと、連日冷凍赤ムシを多量に与えすぎたことで水の汚れを招いたのではないかと思います。
②水槽容量61ℓに対して生体が36匹の過密さ。
余裕率:61 ÷ 36 = 1.69
きのこ指標の1.8を下回ってしまいました。魚が増えれば当然水の汚れも進むわけです。
今後餌の与え方と余裕率をもっと考慮しないといけません。お店で衝動買いも抑えないといけませんね。
③リバースグレインを使用したことによるコケの現象からきた餓死。オトシンの大量死を招いてしまいましたが、リバースグレインは使えそうです。
④秘密兵器の乱用による酸欠 ←これは正直微妙・・・ 今度このアイテムを記事にする予定です。





また今回の件で分かったのはエロモナスに対して強い固体がいるのかもしれません。
テトラオーロ、ボーシャはめちゃくちゃ体力があるのか、エロモナスに掛かりません。それとも我が家だけですかね。
そしてあのティーガーオトシンクルスとトゥッカーノテトラでさえも薬浴をしないで長期間生存できたのです。病気に弱いと言われているトゥッカーノはまだ生きてますwww





そして以外に病気に弱いのがディープレッドホタルテトラとバジス系でした。
冬の時もそうでしたが両種ともに半数以上が死ぬという恐るべ死亡高確率です。
まァワイツマニイは期待通りにばたばたっと死にました^^;





さらばきのこ水槽の勇者達よ、またどこで会おう。
追悼式-1
フレームちゃんの死後スネールが湧いてきました。
やはりフレームドットバジスはスネールを食べているのですね。

彼らの死を無駄にしないように今後も楽しく熱帯魚育成と水草育成ができたら良いな。





次回予告 【ちょっと休憩、ボルグヴァルド登場】



|д・)oコッソリ… オモイデ、オモイデ




スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット




大量死。防げるものなら防ぎたいですよね。
これまで、幾度となく経験してきました。
でも、ありきたりの知識しか持ち合わせなく、
仕方無しに放置して自然終息を待っていたこともあります。
 基本は、元気な個体を綺麗な水槽に招き入れる。この事が大事ですね。
【2008/10/17 23:23】 URL | ポリンキー△ #PPucW/LA[ 編集]
うわぁ、きついですね~。
ばたばた逝きだす事ってありますね。
水槽のどこかが傷んでいるのでしょうが、そこを掴むのは非常に難しいですからね。
治療も水草水槽だと、できること少ないですね。
そして、ある種類だけ死ぬこともありいったい何がいけないんだ~って、頭を抱えることがあります。
この辺は色々経験するしかないのですかね。
死を無駄にしないように何かを学べればいいのですが…
【2008/10/18 01:37】 URL | かも太 #VWFaYlLU[ 編集]
(´;ω;`)ブワッ
大変でしたね・・・。

ディープレッドホタルテトラは強いイメージがあったのですが、
生存率を見るとエロモナスに弱い種のようですね。
魚種によって、かかり易い病気と、
かかりにくい病気がありそうです。

余裕率、参考にさせていただきます。
計算してみたら、12リットルに6匹=2
ギリギリでした・・・(^^;)。
【2008/10/18 20:49】 URL | pig #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは!

知らぬ間に大変なことになっていて
びっくりして、何とコメントしてよいのかしら・・・・

お魚か、水草か
やはり選択は避けられないのかなぁ~と^^;
私は結局お魚を選ぶんですけどね。

プレコ、いっぱい居たでしょう?
で、その中の一匹はすでに我が家にいたりします。

【2008/10/18 21:56】 URL | bluefin #-[ 編集]
コンバンハ(´ε`;)ウーン…
なんかディープな話ですなぁ。
うちの水槽でもこの夏は魚sがけっこう他界していきました。
まぁ、明らかに寿命って魚もいるんですけど、
花火やフルカタは高水温による内臓疾患みたいでした。
ディープレッドはうちではタフな部類かな。みんな生きてる。

入れすぎるとどうしても病気が起きやすくなりますから
高価な魚や水草をピンポイントでゴージャスにいくってのが
きのこさんスタイルっぽくてよいかもw
【2008/10/18 23:27】 URL | imp28 #K2lk8VP2[ 編集]
こんばんわ。
えらいことになりましたな(´ω`。)グスン
大量死はほんまめげてしまいますよね。
私も白点病で同じような経験があります。
毎日毎日今日はこの子、明日はあの子、明後日は・・・なんて(((p(≧□≦)q)))
もっと早くに気づいて対処していれば・・・なんてすごく後悔しました。

前にコメント頂いた理由ってこのバジスのことだったんですね。
元気を出して下さいね。
きのこさんの分もバジス大事に育てますんで・・・
【2008/10/19 02:05】 URL | P・シルバル #-[ 編集]
多くの犠牲が出てしまってますが・・・。

コメントが見つかりませんです;

うちも、気をつけていたのにあのザマです。お互い、何とか犠牲を出さない飼育をしていきたいものですね;
【2008/10/19 02:45】 URL | SPEED★KING #LkZag.iM[ 編集]
>>Δさん こんばんは( ´ ▽` )ノ
大量死って多分防げると思うんです。
原因の一つに自分が無計画に衝動買いをして、お魚をガヴォガヴォ追加することが問題だと思うのよね。
お魚を山盛り入れないで、綺麗な水槽がキープされていればややこしい病気にはならないと思うのです。
基本がなってないきのこです;;

>>かも太さん コンバンハ(`・ω・´)
エロモナスって季節の変わり目(春秋)にでやすいとどこかのURLで読んだ記憶があります。
水草と違ってお魚を復活させることはキノコ的には非常に難しいです。
白点病は治す自信がありますが・・・^^;
山登りの基本にある"体力が弱い人に合わせる"に従って"弱いお魚"に合わせた水槽作りが必要だな~と激しく思いました。

>>pigさん コンバンハ(´;ω;`)ブワッ
ディープレッドとワイツマニイは全滅するかと思っていましたが、耐え抜いてくれた子達がいました。
でもゼブラ君、フレームちゃん、ベック君までもお亡くなりになるとは・・・ 大反省
私が使用している余裕率は二つあって、一つが"総容量余裕率"です。もう一つが"cm容量余裕率"です。
・・・エ?! どんな換算式かって??? それはアレだ! またそのうちの機会があれば書いてみようかと・・・^^

アラ、12リットルとはこれまた非常にスモールサイズですね。



【2008/10/19 18:23】 URL | きのこ #-[ 編集]
>>bluefinさん コンバンハ(・∀・ )っ
ヌハハ、そんなに驚かなくて^^;
自分のミスでなるべくしてなってしまったと思っています。
反省・・・
お魚も水草も一つの水槽でやるにはどちらかの数を減らすしかないのかもしれません。
綺麗な水槽を求めているのにオトシンが沢山いるのは大問題ですよね。
今後方針を決めてむやみな衝動買いは控えることにします。
とか何とか言ってますが・・・水槽一つでどこまで我慢できるかコワイ><

>>impさん コンバンハ(・∀・)ノ
ウン、impさんのところは高温でずいぶんお魚がやられてしまったのを覚えています。
ディープレッドは全ての子達が真っ赤だったのに・・・殆ど死亡。寂しくなっちゃいました。
・・・量より質で構成しろと?! 私は量が多いほうが大好きな人間なので根本的に改善するのが難しいと思う^^;
でも意識改革をしないことには・・・

>>シルバルさん こんばんは(´д`*)
シュリンプを飼育している人は少しの出来事ではらはらしてしまうことがあるのでは???
特に夏場なんか管理が大変そうですね^^;
ソ、コメントしたのはこの件だったのです。
フレームちゃんが死んでからというもの、スネールが沸いてきたので近いうちにニューバジスは追加予定でございます。
バジス系追加 マダー(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン
【2008/10/19 18:36】 URL | きのこ #-[ 編集]
>>スピードキング★さん こんばんは(=゚ω゚)ノ
スピードキング★さんところもエロモナスが出ていましたよね。
その他のブログ様でもエロモナス発生しているし・・・。
季節がら出てしまう水槽というのは、汚れているという証拠でしょうか~(失礼^^;!)
もちろん今は汚れていません! と言い切りたいww
【2008/10/19 18:41】 URL | きのこ #-[ 編集]
うちの90センチと同じく呪われちゃいましたね
うちも酷いものでアフリカン軍団が仕切ってたんですが
原因不明であれよあれよと減っていっちゃってついに昨日
最後の1匹が☆になりました 20匹近くいたんですがね

水質にも問題なかったのに・・・


生き残ったっ子達をかわいがってあげてください
【2008/10/20 08:24】 URL | なお #no8j9Kzg[ 編集]
大変な戦いだったんですね
今は落ち着いたようで何よりです。

私はエロモナスの経験は無いのですが、厄介みたいですね。

ラトナギリの件でご心配頂いておりましたが、ウチは全く無問題ですので
【2008/10/20 11:50】 URL | たろ #LkZag.iM[ 編集]
闘いお疲れさまです…
うちでもエロモナスでいっぱい亡くなってしまいました。
もしやインフルエンザ並に流行して…ねーよΣ(´Д`lll)
病人の出た水槽でも体力がある人はピンピンしてますよね。
亡くなった方々はかなり長くいたメンバーだったのですね。残念さに胸が締めつけられます…私今胸なんてないんですけど!!ヨホホホホ…じゃなくてご冥福をお祈りします。
っていうか骨だけになってたのはエビが食べたんでしょうか?(´・ω・`)
【2008/10/20 13:44】 URL | F.I.L.O #ek.3C4W2[ 編集]
>>なおさん 始めまして~( ´ ▽` )ノ Welco~me

90cm水槽にアフリカンってことは、シクリッドですかね? 後で覗いてきますね。
そして全滅・・・・ 涙(´;ω;`)ブワッ
熱帯魚・・・というよりも水草を始めてから水質ってとても大事だな~と思っています。
病気って原因がつかめなくて凹みますよね・・・

また来てくださいね~☆

>>たろサ こんばんは…('A`
一方的な攻撃を受けたような感じです。
エロモナスはあまり経験しないほうが良いですよ;;
でも人生経験で一度経験して、無事クリアーするってのはどう!?
水草感染をしないのを祈るのみです。

>>FILOさん こんばんは(・∀・)ノ
そうね~、FILOさんところも沢山神の元へ旅たってしまいましたよね・・・
その他あちこちのブログ様でもエロモナスが流行しマクリですよ!
病気になる種類、ならない種類と色々あるのを知りました。
今週はワンピース休載でしたよ ヨホホホホホwwwwwwww

ってブルックはミナミヌマエビがおいしく召し上がっていました。
もう骨だけ~
【2008/10/20 22:45】 URL | きのこ #-[ 編集]
大佐!

こんにちはであります!サー!!

持ち込んじゃったんですかね・・・?
短期間の大量死は、ほとんどの場合、先ず疑ってみるのが
「病気の持ち込み」です。衝動買いすると、たまぁ~に痛い目
に会いますね!気ぃつけましょー。
ティグルあたりの導入と時期がかぶる気がしますが、いかが?

亜硝酸値は測定しましたか・・・?
意外と見落としがちなのが、ろ過の汚れ過ぎによる「亜硝酸」。
「フローズン・アカムティー」を急に与え始めたことで、ろ過・・・、
というより、ろ材がついていけてなかったのかも。。。急激な
「亜硝酸」値の増加は、エラの弱い種類からやられていきます。
それとも「アンモニア」だったのかも・・・。

両方とも、飼い込んだ個体ほど耐性がなかったりして。。。
比較的新しく入った連中ほど、強かったりしますが、、、
どうでしょう?

それと、、、これらのお魚さんたちに「フローズン・アカムティー」は
必要ないんじゃないかな?






【2008/10/21 12:06】 URL | Petty Officer “や” #-[ 編集]
>>鬼軍曹"や"殿 こんばんはであります、Sir(・∀・)ゝ!

うむ、アンモニア。実は私もそう思っています。
この死亡時期に水槽からやたらときつい腐った川の匂いがしていたのも事実でした。
例えると利根川の流れが緩やかな場所に鯉の腐乱死体が漂っているあの匂いです。

でも、我が家にはアンモニア測定試薬がないし、亜硝酸NO3も通常値(いつも0です)を示していたので内心「違うかな~?」と甘い考えもありました。

これを書いている今も水槽の匂いをかいできましたが、どぶの匂いはなくなっています。

多分アンモニアで死んだかな・・・
今後気をつけたいな。
【2008/10/21 23:45】 URL | きのこ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 A liver goblin in the water tank, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。